アプローチで距離感を養う方法


今回は、アプローチで距離感を養う方法について、紹介したいと思います。

転がしていくアプローチは、打ち方としては難しくありませんが、
距離感を安定させることは、なかなか大変です。

距離感を安定させるために、右手で転がす練習が有効です。
肩をリラックスさせて、両足に均等に体重をかけて立ちます。

腕を動かしやすい体勢をとって下さい。
右手を後方に振りかぶったら、左足を前に出して、右手を振り下ろしてきます。

左足に一気に体重をかけて、ボールを放り投げます。
インパクトの時、手から離れた時のボールの高さが一定になるようにして下さい。

手の動きと身体の動きをうまく連動させてください。
ボールをコントロールしやすくなります。

ボールを投げる練習を何回かしていただいたら、実際にクラブを持って、
ボールを打ってみて下さい。

ふり幅は、バックスイングとフォロースルーのふり幅が、同じくらいになるようにして下さい。
バックスイングよりフォローするのふり幅を大きくしてしまうと、パンチショットになってしまうので、
注意して下さい。

ふり幅が左右で、同じくらいになれば、インパクトでのボールへの当たり具合が、
一定になってきて、距離感に安定感が出てきます。