アプローチで転がしたり上げる方法


今回は、アプローチで転がしたり上げる方法について、紹介したいと思います。

アプローチを大きく分けると、転がす方法と
上げる方法があります。転がす場合は、
ボールを右足のつま先の延長線上にセットします。

手首をハンドファーストにしていただいて、
左足体重でアドレスします。

スイングの注意点ですが、シンプルに考えて下さい。
ボウリングの要領で、低く転がすイメージを持って下さい。

ボウリングでの腕の振り方は、腕を振り下ろすと同時に、
体重が一気に左足に移っていきます。

フィニッシュでは、完全に体重が左足に乗ります。
転がしの基本は一気に体重を左足に乗せることにあります。

ボールを上げたいときは、ボールを左サイドにセットします。
フェイス面は、オープンにセットします。

重心は左サイドではなく、身体のセンターにセットします。
スイングのポイントは、ボールを上げるような身体の動きが
重要になってきます。

運動会で行われる玉入れ競争の動きに近くなります。
下半身の動きに注目してみて下さい。

体重移動は少なく、その場でキープしているはずです。
ボールを高く上げたいときは、体重は残っているはずです。

高いボールを打ちたいときは、重心はセンターにして下さい。