アプローチと視線


今回は、アプローチと視線について、紹介したいと思います。

アプローチでは、下半身を積極的に左サイドに移動させることは重要ですが、
それにつられて、頭や顔が一緒に動いてしまったり、頭を上げてしまっては元も子もありません。

アプローチでは、ヘッドアップは最も防ぐ必要がある動きです。

インパクトの前に、視線がボールから離れてしまうと、
細かな距離感や方向性が要求されるアプローチでは、ミスショットにつながる恐れがあります。

アプローチではインパクトを迎えてボールがターゲットに向かって飛び出してから、
顔も徐々に上がってきます。

当たり前のようなことですが、もったいないミスが無くなってきます。

ボールの勢いに合わせて身体を回転させていくと、フォロースルーが大きくなって、
インパクトで緩んでしまうことがなくなってきます。

ボールを見ることが大切ですが、睨み付けるように見る必要はありません。
なんとなく見る感覚で大丈夫です。

睨み付けて見てしまうと、バックスイングが大きくなり、
フォロースルーが小さくなってしまいます。

ボールを眺めるように見ることによって、スイングにリズムが生まれて、
方向性、距離感、高さに安定感が出てきます。グリップを強く握りすぎないようにして下さい。