アプローチのための左手の使い方


今回は、アプローチのための左手の使い方について、

紹介したいと思います。

 

アプローチの最中の左手を伸ばしたがっていませんか。

確かに本には左手を伸ばした方が、スイング軌道が安定しやすい

と書かれています。

 

左手の使い方ですが、伸ばそうと思っても曲げようと思って

いけません。

左腕に意識を集中してしまうこと自体が、

距離感に対する集中を減らしてしまいます。

 

左腕は、放っておくのが一番です。

スタンスは狭くします。狭くして気楽に立っていただいて、

気楽に振る感覚でやると、距離感に集中することができます。

 

両腕を伸ばしたり、背筋を伸ばしたりするのは、

フルショットにおススメの姿勢です。

 

フォロースルーを意識する必要もありません。

インパクトの勢いで、クラブにまかせれば良いのです。

 

背中は、張ると言うよりは軽く猫背気味にします。

両腕の力を抜いて下さい。

下半身は、やや棒立ち気味です。

スタンスは、狭くとります。

 

距離感で重要なのは、左手よりも

右手の働きです。

右手の感覚を磨くためには、

右手で素振りをします。

 

身体を回転させるよりも腕を積極的に

振っていきます。

 

右手で持ったウェッジでボールを拾うのも

良い練習です。

 

右手で持ったウェッジで、ボールを転がしていくのも

良い練習です。