アプローチのインパクトは通過点


今回は、アプローチのインパクトは通過点について、紹介したいと思います。

アプローチでボールをカップに寄せるために必要なことは、致命的なミスショットを防ぐことです。
そして距離感を正確に把握することです。距離感が正確になってくると、
常に登りのパットを打つことができるようになってきます。

距離感が合わない原因として、インパクトがパンチショット気味になってしまい、強すぎるからです。
インパクトはゴールではありません。あくまで通過点です。

ボールがフェイス面にくっついている時間が長いほど、距離感が正確になってきます。
ボールを打つのではなく運んでいく感じで打つためには、ソールを滑らせるように打つことです。

フェイス面でボールを打ち込んでしまうと、ダフリやトップの原因になってしまいます。
フェイス面でボールを運ぶ感じで打つためには、スイング軌道が低く長くなる必要があります。

当てる意識が強すぎると、スイング軌道がバラバラになってしまいます。
地面に垂直な板をイメージしてください。板をボールの真横に当てるイメージで打つと、
あおり打ちを防いでくれて、インパクトが通過点になってきます。

ボールを運ぶためには、右手で運ぶ意識を持つと良いです。