アプローチのスタンスには2パターン


今回は、アプローチのスタンスには2パターンあるというテーマで、紹介したいと思います。

多くのゴルファーは、アプローチショットを打つ際には、オープンスタンスをとると思いますが、
球筋によって、オープンの度合いを使い分けていますか。

どんな球を打つ時でも、同じオープンの度合いでは、
打ちたい球筋でアプローチを打つことは、難しくなってきます。

どんなボールを打ちたいかによって、オープンの度合いを使い分ける必要があります。

低いボールを打ちたい時は、フォロースルーをスムーズにするために、
左足を足2分の1足分オープンにします。左足をオープンにすると、
フォロースルーがスムーズに動きにくくなり、上半身が伸びてしまったり、
シャンクが出やすくなります。

足をオープンにはしますが、左足のつま先は開かず、両足は平行にします。
左足のつま先を開いてしまうと、左ひざに体重が乗りにくくなり、
右足加重になってしまい、ダフリの原因になってしまいます。

身体が左右にずれにくくするために、スタンス幅は狭くします。
足はオープンにしますが、肩、腰のラインは、ターゲットに向けていきます。

フォロースルーは、ターゲットに向けていく感じで、振っていきます。