アプローチのマネジメント


今回もアプローチ攻略のためのヒントを紹介したいと思います。

1.ボールの落とし場所
アプローチで打ったボールが、どこに落ちるかでランが大きく違ってきます。
グリーンに落ちれば、ボールは転がりますが、
カラーに落ちてしまうと、ボールの転がりはランの数分の一になってしまいます。

確実にボールをグリーンに落とすために、カラーから1mは内側を狙います。

2.障害物越え
バンカーなどの障害物を超えていくアプローチでは、
ボールを浮かす打ち方が必要になってきます。

ボールを浮かすためには、スピードを緩めず、一定のスピードで
スイングする必要があります。

そのためには、バックスイングとフォロースルーが左右対称になるように
振ります。

3.アプローチのリズム
アプローチでは、結果がすぐに分かりやすいため、
インパクトの瞬間に、スイングを止めてしまう方がいます。

アプローチでは、インパクトが重要になってきます。
フォロースルーまで、リズムよくスイングします。

数字をカウントしたり、掛け声を使うと良いでしょう。

4.どのクラブを選ぶか
どのクラブを選択するかは、ボールからエッジまでとエッジからピンまでの距離の比率が
大切になってきます。

1:1であれば、ロフトが大きいサンドウェッジを使います。
1:2であれば、ピッチングウェッジを使います。
1:3であれば、9番アイアンを使います。

3本のクラブを距離の比率によって使い分けたら、
大けがをしなくてすむはずです。