アプローチのミスをグリップで直す方法


今回は、アプローチのミスをグリップで直す方法について、紹介したいと思います。

アプローチがうまくなるためには、クラブの重量を感じながら、スイングすることが大切です。

グリップエンドを中心に振り子運動でスイングで来たら、アプローチのミスは減っていきます。

グリップエンドから近い位置にある左手の小指でグリップを握ります。
あとの指は、リラックスして下さい。

こうすると、ヘッドの重量を感じることができます。
スイング軌道で、ヘッドが下からくるイメージを持たないようにして、右手を上からかぶしていくイメージを持ちます。

左手を握る感覚がよく分からない方は、クロスハンドグリップで握ってみると良いです。

左手を使わないとスイングできないですし、
両肩のラインが地面と水平になるようにしてくれます。

シャンクが出やすい原因は、右手と左手の動きにバラバラ感が出てしまうことにあります。

左手をスイング軌道上に沿って動かしても、
右手が左手を押し出してしまうからです。

そこで左手の小指を中心にして、両手に一体感を持たせていきます。

左手の小指をスイング軌道の中心になるようにします。
次に右手の親指と人差し指をぎゅっと締めていきます。

両手が一緒に動けば、右手がスイング軌道から外れることはありません。