アプローチの基本


今回は、アプローチの基本について、紹介したいと思います。

アプローチをする時に最初にやるべきことは、どのクラブでアプローチをするか決めることです。
もしピッチングウェッジを選んだのなら、次にどのショットで寄せていくかを決めます。

ショット方法には、いろいろありますが、アプローチの基本は、転がすことです。

グリーンには、大小のアンジュレーションがたくさんあります。
ボールを浮かしてグリーンに落とした場合、どちら方向に転がっていくか予測するのは難しいものです。

ピンに寄せる確率を高めるためには、転がすのは確実です。
ボールを転がしたい時は、8番か9番アイアンがオススメです。

転がす割合は、全体の3分の2くらいです。残りは、ボールを浮かします。

ボールのセット位置は、身体のセンターよりやや右サイドです。
クラブを少し短めに持っていただいて、ヘッドを少し浮かして構えて下さい。
フェイス面は若干クローズドにします。インパクトの瞬間にグリップが緩まないようにして下さい。

フェイス面をスクエアにしてしまうと、芝の抵抗をまともに受けてしまい、
インパクトの瞬間に、フェイス面がオープンになってしまうので、注意して下さい。

ボールがラフに入ってしまい、ボールの後ろに芝が入り込んでいる場合は、
ボールを直接打つのは難しいので、ボールの後ろの芝にクラブを落としてくる感じです。
ダフる感じで構いません。