アプローチの手打ちスイングを修正するドリル


今回は、アプローチの手打ちスイングを修正するドリルについて、紹介したいと思います。

アプローチでNGな動きは、手首が動いてしまい、しゃくったりあおってしまうことです。
手首を使ってしまうと、スイング軌道が不安定になってしまい、トップやダフリの原因に
なってしまいます。アプローチのポイントは、手首の角度を維持しながら、バックスイングからフォロースルーまでを振り抜いてあげることです。

最初に左手1本で構えていただきます。左手の手首にテープを貼って下さい。
手首に貼ったテープが外れないように、スイングを作っていきます。

テープ

テープが外れてしまう方は、バックスイングで、スイングが
インサイドに入ってしまい、手首にテープが剥がれてしまう圧力がかかってきます。

外れない

テープにプレッシャーがこないように、手首の形を変えないように
スイングしていきます。

足がほとんど閉じていただいて、ハンドファーストに構えます。
手首の形をキープしながら、バックスイングしていただいて、
手首の形をキープしながら、インパクトを迎えます。

手首の形をキープしたまま、フォローをとって下さい。
これができれば、手打ちスイングは、解消されていきます。

キープ

▼動画レッスンはこちら▼