アプローチの手首を動きをおさえる練習ドリル


今回は、アプローチの手首を動きをおさえる練習ドリルについて、紹介したいと思います。
アプローチのミスの原因である手首の使いすぎを抑えていきます。

手首の動きを最小限に抑えていくために、手首のタオルを巻いていきます。
最初にアプローチのアドレスの形を作っていただきます。

アドレスの形を崩さないように、クラブを起こしていただきます。
アプローチの10ヤード20ヤードは、手首の動きを使用する必要がないので、
手首をタオルで巻いていきます。

起こしていただきます。

右手の手首の上側にタオルをセットしていきます。
左手の下の所で、タオルを結びます。

結びます。

少しきつめに縛って下さい。
縛った状態で、先ほどのアドレスをしていただいたら、
あとは打つだけです。

縛った状態で打つだけ

最初はスイングしにくいと思いますので、何回か素振りをしてみて下さい。
スタンスは、フルスイングに比べて、やや狭めです。

ボールは、身体のセンターより若干左サイドにセットしてみて下さい。
手首を使わないようにして、腕とクラブを一体化してスイングして下さい。

バックスイングとダウンスイングのスピードは一定に保って下さい。
振り子運動のイメージです。インパクト後にすぐ顔が上がらないようにして下さい。

ひざの角度と状態の前傾角度をキープして下さい。

▼動画レッスンはこちら▼