アプローチの打ち分け


今回は、アプローチの打ち分けについて、紹介したいと思います。

練習場で、ゴルファーの方々の練習を見ていると、みなさんかなりの時間を
アプローチにかけていると思います。

しかしアプローチに時間と球数を割いているわりには、ラウンドで
ボールが寄らないといったお悩みを持っている方は多いと思います。

そこで、練習場でできるアプローチ練習法を紹介していきます。
シチュエーションは、50ヤード以内の寄せです。

アプローチは、大別して3つの方法があります。
ランニングアプローチ、ピッチエンドラン、ピッチショットです。

これらのアプローチをするときに、多くの方が、クラブを変えたりスイングを変えたりしています。
それでは、アプローチが複雑になりすぎてしまい、ミスショットが増える危険性があります。

アプローチをもっと単純に考えてください。
クラブは、どのショットでも同じです。変えるのは、ボールの位置と構えだけです。

グリップは、短めに握ります。グリップエンドから4-5センチくらい離すと良いでしょう。
左手は、しっかりグリップします。

体重は、右足:左足=4:6の配分が良いです。
スイングは、腕を振り子のように使って振ります。手を使わないようにします。
グリップエンドが、スイング中、常にへそやベルトのバックルなど、身体の同じ部分を指すようにします。

ランニングアプローチでは、ボールは、右足の前もしくはもうちょっと右にセットします。
ハンドファーストを維持しながら、スイングします。

ピッチエンドランでは、右足のやや左側にセットして、ランニングアプローチと同様のスイングで大丈夫です。

ピッチショットでは、スタンスは他のアプローチより、やや広めにします。
ボールは身体の真ん中にくるようにセットしてください。