アプローチの打点や距離感を安定させるガニマタアプローチ法


今回は、アプローチの打点や距離感を安定させるガニマタアプローチ法について、紹介したいと思います。

アプローチで、自分の思っている距離感と実際の距離が違ってしまう方は、
多いと思います。

今回のレッスンでは、アドレスに工夫を加えて距離感やダフリ、トップを少なくしていきます。

通常の10ヤードを打つアドレスでしたら、両足を閉じていただいて、
ボールは、右足の前にセットさせると思います。

tuujou

または両足を若干開いていただいて、両足のセンターにボールを構えると思います。

ganimataadoresu

今回は、蟹股で構えてみて下さい。ひざを開いていただいて、外に向けて下さい。
つま先も大きく外側を向けて下さい。両足の間隔は、10センチくらいです。

ganimata

ボールは、両足の真ん中にセットしていただいて、
手首はハンドファーストにセットしてみて下さい。

この状態から10ヤードを打ってみて下さい。
両足をがに股にすることによって、下半身が安定してきて、
ふらつくことが少なくなってきます。

少し恰好が悪いかもしれませんが、しっくりくる良い打点で、
ボールをセットすることができます。

ボールをジャストミートすることができます。アプローチが苦手な方は、
コースでもがに股で構えてみて、チャレンジしてみて下さい。

ミスが減ってくると思います。

▼動画レッスンはこちら▼