アプローチの球の高さを揃え、トップを防止するドリル


今回は、アプローチの球の高さを揃え、トップを防止するドリルについて、紹介したいと思います。

アプローチのトップを抑えて、ボールの高さを調整する方法ですが、
右足の前にボールを1個セットします。次に左足のかかとの延長線上に
1個セットします。

migiasi

hidariasikakato

ボール間の距離は、10cm程度離してください。

最初に右足のボールに対して、アドレスしてみて下さい。

adoresu

手首はハンドファーストになります。この状態から2個のボールを打っていきます。
2個のボールが一緒にきれいに飛んでいくことを目指してください。

右側にあるボールは低く飛んでいき、左側のボールは少し高く上がっていきます。
この違いを感じながら、2個ともきれいに飛んでいくように練習してみて下さい。

それでは実際に打ってみます。アドレスは、通常よりも狭くして下さい。
アドレスは、若干オープンになります。ひざは若干深めに曲げていただいて、
前傾角度をキープして下さい。手首はハンドファーストになります。

両肩と手首を結んだ三角形を維持したまま、まっすぐバックスイングしていきます。
腰の高さくらいまで、バックスイングして下さい。

この時、手首の角度を変えないようにして、両肩を支点にして、
腕全体で上げるようにして下さい。

ひざの角度、状態の前傾角度を維持しながら、飛球線方向に振り抜いていきます。
肩を回転させることを意識しながら、スイングして下さい。

▼動画レッスンはこちら▼