アプローチを寄せる2パターン


今回は、アプローチを寄せる2パターンについて、

紹介したいと思います。

 

寄せるアプローチ1パターン目は、クラブを

短めに持ちます。

短く持つことによって、インパクトで

緩まないようにします。

 

クラブを短く持つと、身体とボールの距離が

短くなるため、ミートできる確率は高くなります。

 

アドレスは、両足を揃えて、オープンスタンスで構えます。

体重は左足にかけて、手首はハンドファーストにセットします。

 

このように構えることによって、身体の軸が動かずに、

左の脇を中心にスイングをすることができます。

 

そうすると、自然にヘッドが動いて、ヘッドが落ちてくるので、

スイングに安定感が増します。

 

スイングで注意する点は、手首を使わずに、

腕を一体化させて、スイングしていきます。

 

手首を使わないためには、右手だけ、左手だけで

打つ練習をしてみて下さい。

 

2パターン目は、クラブを長めに持つ方法です。

長めに持つことによって、ゆっくりスイングすることができます。

 

両足をそろえたオープンスタンス、左足体重であることは

変わりませんが、クラブは長めに持ちます。

 

手首を極力使わないようにして、

クラブを大きくゆっくり上から打ち下ろしてきます。

 

弾道は、ピッチアンドランになって、

安定した寄せを実現できます。