アプローチ攻略のヒント


今回はアプローチ攻略のヒントについて、紹介したいと思います。

1.アプローチに適したクラブ
アプローチ成功のカギは、クラブ選択にあります。
一般的には、ロフトの大きいクラブを使いますが、
あまりにロフトが大きいクラブをつかってしまうと、
当然、ふり幅が大きくなってしまいます。

ふり幅が大きくなるほど、飛距離の予測がつきにくくなります。
クリーンヒットさせることも段々難しくなるため、
ミスショットの可能性が高くなります。

そこで、クラブ選択は、7,8,9番アイアンを選択します。
このくらいのロフトだと、多少打ち損じても、ボールが寄る確率がありますし、
ふり幅が小さくてすむので、ミスショットが少なくなります。

2.ボールのセットの仕方
ボールは、両足のセンターにセットすることをおススメします。
まずは両足を15センチくらい開いて、立ちます。
つま先は、開かずに平行に立ちます。

ボールを両足の真ん中にセットしたら、少し左足のつま先を開きます。
つま先を開かないと、身体の軸がぶれやすくなります。

若干つま先を開くことによって、体重移動がなめらかになります。

3.手首の形
アプローチでは、手首はハンドファーストになります。
アドレスでハンドファーストに構えたら、
手首の形を維持しながら、スイングします。

手首をこねてしまうことは、アプローチでは厳禁です。
腕、手首、シャフトを一塊にして、スイングします。