アプローチ!ベアグラウンドでざっくりしないための練習ドリル


今回は、 アプローチ!ベアグラウンドでざっくりしないための練習ドリルについて、紹介したいと思います。

今回の練習ドリルでは、ボールの後ろにティを刺して、
練習していきます。ボールを置きます。

大体5センチ程度後ろに、ティを刺します。
ティは、1センチ程度の高さで刺してください。

5センチ程度後ろに

ここから、ティを打たずにボールを打っていきます。
直接ボールにクリーンに当たるイメージで練習して下さい。

直接ボールに

ボールの赤道よりも少し下側を打つようにして下さい。
それでは、10ヤード打ってみたいと思います。

スタンスは閉じて、アドレスして下さい。
手首は、ハンドファーストに構えます。

アドレスは閉じて

体重は、左足にかけていきます。
ボールは、右足の外側にセットするようにして下さい。

この位置にボールをセットすると、ざっくりしにくくなってきます。
バックスイングは、手首を使わずに、両肩と手首を結んだ三角形を
崩さないようにして、腰の高さくらいまで上げて下さい。

ダウンスイングは、ヘッドスピードを無理に上げようとしないで、
両肩の回転で下してみて下さい。

この練習を繰り返すことで、ヘッドがボールの手前に入ることなく、
ボールをクリーンに捉えることができるようになってきます。

ボールを上から打つようなイメージを作ることができます。
最初は10ヤードから打っていただき、だんだん距離を伸ばしてみて下さい。

▼動画レッスンはこちら▼