アマチュアゴルファーのための距離の打ち分け方法


今回は、アマチュアゴルファーのための距離の打ち分け方法について、紹介したいと思います。
最初に自分が一番気持ち良くスイングできる振り幅を決めてください。

何球か打ってみれば、すぐに分かると思います。
例えば腰までの高さが一番振りやすかったとしたら、両足を閉じて、腰までの高さまでクラブを上げて、
ボールを打ってみてください。たいていの場合、ボールは30ヤードくらい飛ぶと思います。

これが距離を打ち分ける基準になってきます。次に閉じた両足を開いてみてください。
幅は肩幅くらいにしてください。あとは、スイング幅やスイングスピードを全く同じにして、
スイングしてください。

だいたい50ヤードくらい飛ぶと思います。次にスタンスの幅、振り幅、スイングスピードを同じにしたまま、
ロフト角が8から10度立ったクラブに持ち替えてボールを打ってみてください。

だいたい70ヤードくらい飛ぶと思います。体重配分は、左足に乗せた方がスイング軸がぶれずに、
安定した距離を出すことができます。距離を微調整する場合は、スタンスを変えていきます。

両足を半歩づつ狭くすると、距離を10ヤード縮めることができます。
スタンスの幅を微調整することによって、30~70ヤードまでの距離を10ヤード刻みで打ち分けることができます。