インパクトでの伸び上がりを修正するドリル


今回は、インパクトでの伸び上がりを修正するドリルについて、紹介したいと思います。
ダウンスイングでの伸びあがりを防止するための練習法です。

ダウンスイングからインパクトにかけて伸びあがってしまう方や
トップが多い方に有効なドリルです。

伸びあがってしまう

グリップを握っているポジションを反対にしていきます。
これをクロスハンドグリップと言います。

反対にしていきます

このような形で構えていただき、腰から腰のスイングで、
スイングを作っていきます。ここで左手が上に引いてしまうと
確実にボールは当たりません。

このような形で構えていただき

左手を伸ばしたままのイメージで、スイングを作って下さい。
左手の甲をフェイス面と思って、スイングを作っていきます。

左手を伸ばしたままのスイングで

それでは一度打ってみたいと思います。
クロスハンドで構えていただいて、腰までの高さまで上げます。
左腕が曲がらないようにスイングして下さい。

左手の甲をフェイス面に見立てて、ボールにぶつけるつもりでスイングして下さい。
難しいと感じる方は、最初はティアップしていただいても結構です。

左肩の伸びがなくなってきます。

▼動画レッスンはこちら▼