インパクトでの肘の位置


今回は、インパクトでの肘の位置について、紹介したいと思います。

アドレス、トップ、フィニッシュの形は、動きが止まるので、意識しやすいです。
しかし、動きが早く一瞬であるインパクトは、形を作ることが非常に大変です。

自分が思っている形と実際の形に、ズレが生じるからです。
そのズレを埋めるためには、感覚を磨く必要が出てきます。

インパクトで左肘を伸ばすことをイメージしている方は、多いと思います。
しかし左肘を伸ばそうというイメージが強すぎるために、スイングが遅れてしまうことがあります。
その結果、フェイス面が開き、インパクトが弱くなり、スライスになってしまうことが多いです。

原因として考えられるのは、左肘を伸ばそうと意識するあまり、左脇が開いてしまうことです。
このような場合は、左腕の力を抜いていただき、左肘を曲げるつもりで、フォロースルーをとっていきます。
このくらいのイメージで振っていただくと、ヘッドの遠心力で、自然に腕が伸びていきます。

ボールを正確に捕まえるためには、肩のラインが、オープンになるのはNGです。
かといって、インパクトでラインを意識することは、なかなか大変です。

そこで肩のラインではなく、ボールの飛び出す方向を意識して下さい。
ボールが右に飛び出していくイメージを持つことによって、肩のラインの開きを防ぐことができます。

練習場で1番左側から打つようにすると、ボールを右に出すイメージを持ちやすいです。