インパクトでフェイス面をスクエアにするバックスイング


今回は、インパクトでフェイス面をスクエアにするバックスイングについて、紹介したいと思います。

近年のドライバーは、ヘッドが大型化しています。
バックスイングは、手首を返さないようにして、
フェイス面をクローズドにしたまま上げることが
勧められています。

ですが、身体の回転速度が遅い多くのゴルファーの
方々は、手首が先行して上がってしまいます。

フェイス面をクローズドのままにして上げてしまうと、
インパクトで、ヘッドの根っこにフェイス面がオープンになって、
当たってしまいます。

バックスイングの始動は若干手首を使っていただいて構わないので、
フェイス面をオープンにして、ヘッドを上げていきます。

フェイス面をオープンにして上げていくと、
ダウンスイングで閉じて下りていきます。
インパクトで、結果的にスクエアになって当たります。

バックスイングでインサイドに引きすぎてしまうのはNGです。
インサイドに引きすぎてしまうと、
ダウンスイングがきつくなりすぎてしまい、
身体が伸びてしまいます。身体が伸びてしまうと、
ジャストミートはなかなかできません。

バックスイングは、飛球線の反対方向に上げていく感じが
ちょうど良いです。
手首や肘は真上に上げていく感じです。