インパクトの形


今回は、インパクトの形について、

紹介したいと思います。

 

曲げないボールを打つためには、インパクトの形が

重要になってきます。

 

曲げないボールを打つための、理想的な

インパクトの形は、飛球線と反対方向から見て

上半身に対するシャフトの角度が

90度になっていることです。

 

90度になっているということは、

上半身の背骨を中心に身体が回転していることになります。

 

多くのゴルファーの方々は、インパクトで

お尻がボール方向に出てしまい、身体が伸び上がってしまう

傾向があります。

 

インパクトで身体の前傾角度を維持するためのポイントは、

インパクトで、左足のかかとに体重を乗せることにあります。

 

アドレスでは、体重をどこにかけるかというと、

両足の親指の付け根に体重を乗せて下さい。

 

バックスイングからトップにかけては、

右足のかかとと左足の親指の付け根に体重がかかってきます。

 

インパクトでは、左足のかかとに体重のほとんどがかかり、

若干右足の親指の付け根に体重がかかってきます。

 

練習ドリルとして、おススメなのが、

左足上がり素振りです。

 

左足上がりの状況で素振りをすると、

右足が地面についたままになりやすく、

右ひざが前に出るのを防いでくれます。

 

ぜひ試してみて下さい。