インパクトはほどほどに①


今回は、インパクトはほどほどにというタイトルで、
安定感を向上させる方法を紹介します。

飛距離は出したい、方向性も良くしたい。
そのためには、強いボールを打たなければ。ならボールを強くインパクトしよう。

実は、ここに問題があります。飛距離と方向性を安定させるためには、
インパクトをほどほどにする必要があるのです。

飛距離を生み出すポイントは、スピン量、ボールの打ち出しの角度、ヘッドスピードです。

インパクトを強くして、ヘッドスピードが上がっても、
スピン量と打ち出し角に問題があれば、飛距離も方向性も落ちてしまうのです。

もしスピンが横回転になったり、多すぎてしまうと、
いくらヘッドスピードが上がっても、飛距離は落ちるのです。

ヘッドスピードが上がると、右手の力が強くなる傾向があります。
右手が強くなるほど、右肩が前方に出てしまい、
スイング軌道がアウトサイドインになりやすいのです。

アウトサイドインを防ぐためには、ダウンスイングの時に、
右ひじが開かないように、クラブを下ろしてきます。
そうすると、インサイドインになります。

ミート率も大幅にアップします。トップで右ひじを締めると良いでしょう。

剣道の面を打つように、クラブを上から下ろして構えると、
両わきの開きを抑えることができます。
両わきが閉まれば、インパクトは打つというより、押す感じに変わってきます。

押す感じは、ボールを打つという点では共通している野球のバッティングと同じです。

両わきの開きに注意して、ハーフスイングを繰り返すと、
両わきを締める感覚を覚えることができます。

またヘッドスピードを上げようとすると、
ダウンスイングで身体が飛球線方向に流れてしまうこともよく見られる傾向です。

身体が流れてしまうと、身体の回転運動が損なわれてしまい、
インパクトを身体の正面で迎えることができません。
そうなると、左わきが開きやすくなり、ボールに横回転がかかり、
飛距離をロスしてしまうのです。

身体が流れないためには、ダウンスイングで頭の位置を残したまま、
クラブを下ろしてくることが重要です。