インパクトはほどほどに②


今回も、インパクトはほどほどにというタイトルで、
安定感を向上させる方法を紹介します。

ボールは確かにまっすぐ行く、曲がりは少ない。
だけど飛距離が出ないで、悩んでいる方はいませんか。

原因の一つに、頭の動きすぎが挙げられます。
バックスイングで頭が右に動きすぎてしまい、

ダウンスイングになっても、頭が左に戻らず、
加えて体重も右に残ったままになってしまい、
体重が乗らない手打ちになってしまうケースです。

まずは、頭の動きすぎを矯正する必要が出てきます。
鏡を用意して、アドレスした姿全体が映るようにします。

鏡を見ながら、バックスイングを開始して、トップの位置まで、
頭が動かないように意識します。

身体の中心が左右にぶれないことに注意して下さい。
ボールを上げようという意識を捨てて、低い弾道で打っていく意識を持ちます。

低いボールを打っていく意識を持つと、フォロースルーで両腕の肘が
伸びていきます。両肘が伸びた状態を保つと、ボールを長く押す状態になるので、
スピン量が適正量になり、吹き上がらずに、飛距離が伸びます。

強いインパクトを意識することは、ヘッドスピードが上がらず、
意外と飛ばないものです。上半身に力が入ってしまい、
下半身がうまく使えないことが原因です。

対策としては、いくつかの方法がありますので、
それらを紹介したいと思います。自分に合った方法を
試してみて下さい。

ボールを左側に寄せすぎてしまうと、身体の向きが、
オープンになりやすいので、ボールは左足のかかとの延長線上より
やや内側にセットします。

ダウンスイングの時に、ボールを右目ではなく、
左目で見るようにすると、身体がオープンになりにくくなります。

インパクトを強くしようとすると、多くの方々は、
手首をこねたがります。この動きが、飛距離や方向性を損なう
原因になっているのです。

手首の動きを抑えるために、フィニッシュで、クラブヘッドが
頭より高い位置に残るようにして下さい。
この位置を意識するだけで、手首の動きを抑えることができます。
同時に左わきを締めることも意識すれば、なお良いです。

練習場で、ボールの後方50センチくらいのところに、目印を置きます。
その目印を見ながら、スイングをすると、ダウンスイングで身体の開きを
抑える効果があります。