インパクトをハーフスイングで練習する方法


今回は、インパクトをハーフスイングで練習する方法について、紹介したいと思います。

正確なショットにみがきをかけるには、ヘッドのスイートスポットに安定して、
ボールを当てることが重要になってきます。

ミート率を向上させるには、ハーフスイングがおススメです。
ダウンスイングで、手首が腰のあたりに来た時のシャフトの向きを確認してください。

シャフトが飛球線と平行になっていて、リーディングエッジが、
上半身の前傾角度と一致していれば、正しいポジションです。

もしシャフトが飛球線と平行になっていなかったり、リーディングエッジが
前傾角度と一致していなかったら、フックやスライスの原因になりやすいので、
注意して下さい。

クラブは、7番アイアンが良いです。ターゲットは、110~120ヤードくらいが、
良いでしょう。最初は飛距離をあまり気にしないで下さい。
方向性から確認していきましょう。

練習法の工夫として、ハーフスイングのトップの位置から、腰のあたりまでの
ダウンスイングを2回上げて下げて、繰り返します。

この時、手首の角度を維持して下さい。腰の位置に来た時の手首の角度、
リーディングエッジの角度、シャフトが飛球線と平行になっているかを
確認してください。これが毎回一致していれば、インパクトが安定してきます。