インパクト改善ドリル


今回は、インパクト改善ドリルについて、紹介したいと思います。

まずは、フォロースルーでの身体の向きとフェイス面の向きをチェックすします。ゆっくり素振りをします。フ
ォロスルーで手首が腰の高さに来たところで、動きを止めます。

その状態のまま、クラブヘッドを地面につけます。アドレスを左方向に90度回転して、アドレスの形を作ります。
この時に、フェイス面がアドレスがスクエアになっていれば、合格です。

もしフェイス面がオープンになっていたとしたら、クラブが振り遅れている可能性があります。
原因として考えられるのが、クラブヘッドをターゲット方向に動かしてしまっている可能性があります。

ここで重要になってくるのが右手の返しです。両足をつけていただいて、ハーフ素振りをしてみて下さい。
体重移動が制限させるので、右手のローテーションを体感することができます。

両足をつけたハーフ素振りでもよく分からない場合は、インパクト地点にゴルフバッグを寝かせて置きます。
インパクトでヘッドを押してみて下さい。

次に。片手素振りです。左腕1本でクラブを持っていただいて、素振りをしてみて下さい。
身体の捻転と同時に、身体がインパクトからフォロースルーにかけて、オープンになってしまうのを防いでくれます。