インパクト時の腰の開きすぎに有効な練習ドリル


今回は、インパクト時の腰の開きすぎに有効な練習ドリルについて、紹介したいと思います。

左の腰が開きすぎてしまい、流し打ちのような形で、右にスライスしてしまう。
このような方々に、有効なドリルです。

まずは通常のアドレスをしていただきます。

通常でセット

ここから足をクロスしていただきます。

クロスした状態から

左足を前にしてみて下さい。クロスした状態からボールを打ってみて下さい。
ふり幅は、ハーフスイングで結構です。脚がずれないようにスイングしてみて下さい。

クロスした状態から

肩から肩までのハーフスイングで結構です。
それでは脚をクロスした状態で、スイングを作っていきたいと思います。

左足を前にしてクロスします。ボールは、両足のセンターにセットします。
手首は、左足の太ももの前にセットします。

ハンドファーストの形を作ってみて下さい。
脚がずれないようにして、上体を十分に捻転して、
アゴの下に左肩がくるようにして下さい。

左腕が曲がらないようにしてください。
ダウンスイングでも、両足がずれないようにして、フォロースルーをとって下さい。

このようにすることで、腰が適度に回転していきます。
大きく開きすぎて、体重が逃げることはありません。

適度に回転して、左サイドに壁を作ることができます。

▼動画レッスンはこちら▼