インパクト直前でスイングを止める練習法


今回は、インパクト直前でスイングを止める練習法について、紹介したいと思います。
新ダウンブローの神髄は、腰の使い方にあります。
スイング軸のレベルターンができるようになっても、腰を鋭く回転しすぎてしまうと、ボールの方向性が悪くなってしまいます。

プロゴルファーやシングルハンディの方々は、腰を鋭く回転させるようにと指摘しますが、以前ほど腰の回転は必要なくなってきました。

以前は、腰を鋭く回転させることによって、ハンドファーストの状態を作り、ロフト角を鋭角にして、ボールを打っていました。

しかし最近では、ロフト角を鋭角にする必要がないので、腰を鋭く回転しすぎてしまうと、肩のラインもオープンになってしまい、方向性に安定感がなくなってしまいます。

腰はあまり回転させないようにして、ロックする感覚がおススメです。そうすることによって、方向性が安定してきます。

腰を鋭く回転させてしまう習慣がある方々の練習法としては、インパクトを迎える直前で、スイングを止めることです。いわゆる寸止めです。

インパクトでスイングを急に止めるためには、腰の回転も止める必要があります。寸止めによって、腰や肩のラインがオープンになってしまうのを防ぐことができます。

いつものスイングスピードでやると、怪我をする可能性があるので、ゆっくりめのスピードで練習して下さい。