オンプレーンではなくヘッドを走らせる


今回は、オンプレーンではなくヘッドを走らせるというテーマで、紹介したいと思います。

オンプレーンを考えてしまうと、身体が緊張してしまい、スムーズにスイングできなくなってしまう考え方も多いです。

スムーズにスイングするためには、アドレスしたら2秒以内にスイングを開始することです。
2秒を超えてしまうと、身体に力が入る、雑念が出てくるなどの弊害が生じるので注意して下さい。

体重移動を意識することも効果的です。バックスイングで右足に体重を乗せたら、
身体が突っ込まないように注意して、左足に体重を乗せていきます。そうするとヘッドが走ります。

オンプレーンを意識しすぎると、手打ちになってしまうこともあります。
背中を意識して、前傾角度をキープしながら、身体を捻転させることに注意を向けても良いです。
身体を捻転する際は、へそとクラブを同時に回転させる意識を持つと、軸が安定してきます。

この時、両肩を結んだラインが、地面と平行であることを意識しながら、捻転を行ってください。
ボールから少し離れたところに、小目標を設定する方法もあります、小目標は、小さければ小さいほど良いです。

フォロースルーでは、小目標の上をヘッドが通り過ぎるように意識してみて下さい。