オンプレーンを意識しすぎてスイングがぎこちない方のための練習ドリル


今回は、オンプレーンを意識しすぎてスイングがぎこちない方のための練習ドリルについて、紹介したいと思います。

オンプレーンを気にしすぎてしまうと陥りやすいミスが、バックスイングの位置関係を気にしすぎてしまうケースです。
他にはボディターンを気にしてしまい、腕もヘッドも動かなくなってしまうパターンもあります。

ゴルフで重要なのは、スイングプレーンよりもヘッドと腕を早く振ることにあります。
最初のドリルは、クラブ3本素振りです。クラブを3本持てば重量は、相当なものになります。

重量があるものを振るためには、コックをしっかり使うことが重要であることを体感できます。
ダウンスイングからフォロースルーにかけて、腕をローテーションしていく必要もあります。

次の連取ドリルは、クラブを逆に持った素振りです。オンプレーンを意識しすぎてしまうと、
両わきの締めがきつ過ぎてしまうことです。ヘッドと腕が走るためには、フェイス面の回転と体重移動が必要です。

そのためには、両わきを締めすぎてしまうと、これらの動きを使えなくなってしまいます。
インパクトからフォロースルーにかけて、音が鳴るように思いっきりスイングしてみて下さい。

左腕1本で素振りをしても、同様の効果があります。