オンプレーンを意識しないスイング


今回は、オンプレーンを意識しないスイングについて、紹介したいと思います。

ゴルフにおいて、オンプレーンを意識する考え方は、以前からあります。
デジカメやスマホの発達によって、オンプレーンかどうかを簡単に測定することができるようになりました。

しかしオンプレーンを意識してしまうと、思わぬ弊害も出てきます。
実際にオンプレーン通りに振るためには、肩、手首、股関節のあらゆる部分の可動域が必要になってくることが分かります。

またオンプレーンを意識すると、身体中のあらゆる場所をチェックする必要が出てきて、
身体が動かなくなってしまいます。

オンプレーンを意識しないで、正しいスイング軌道に乗せるためには、
バックスイングで右ひじの動きを意識すると良いです。

ヘッドや手首に比べて、右ひじは動かす範囲が狭いので、誤差が少なくなります。
ダウンスイングでは、右ひじを引きつけるイメージを持てば、クラブは正しい軌道を描くようになります。

バックスイングで頭の位置を意識することも大切です。頭が動いてしまうと、
結果的にオンプレーンが崩れてしまいます。
頭の位置を意識することによって、オンプレーンの状態に自然となってきます。

親指を意識する方法もあります。親指の爪を常に自分側に向けた状態にして下さい。