オーバースイングを防ぐための練習ドリル


今回は、オーバースイングを防ぐための練習ドリルについて、紹介したいと思います。

1.アドレスを通常通りにとっていただきます。
バックスイングを開始したら、グリップを目で追いながら、
クラブを上げていきます。

グリップが顔の高さまで来たら、顔を元の位置に戻します。
オーバースイングを防ぐことができます。

2.右手1本でアドレスをとっていただきます。
左手を右手の上腕においていただきます。

その状態のまま、ボールを打ってみます。
この練習ドリルで、ダウンスイングでタメが出来すぎてしまうのを
防ぐことができます。

両手が身体に近づくことを防いでくれて、ボールが右にいってしまうのを
防いてくれます。

3.右足の下にかごや箱を置いていただいて、右足を乗せていただきます。

ダウンスイングで右肩が下がってしまうと、ボールを打つことができなくなります。
右肩を下げないことによって、ボールを当てることができます。

アドレスの段階で、右足の内側を地面に向けておくと、
右肩が落ちることを防ぐことができます。

4.左手1本でアドレスしていただきます。
シャフトが地面と平行になるまで、バックスイングしていきます。

このときに、左手首と肘を曲げないようにして、
腕が一直線になるようにしていきます。

トップまで来たら、両手でグリップします。
正確なトップを作ることができます。