カット打しないバンカーショット


今回は、カット打しないバンカーショットについて、紹介したいと思います。

バンカーショットの基本は、距離感を一定にすることです。
毎回飛距離が違ってしまうと、寄せワンが難しくなってしまいます。

距離感を安定させるためには、フラットにスイングすることが大切です。
カット打をしてしまうと、ダウンブローがきつくなり過ぎてしまい、
毎回砂を取る量にばらつきが出てしまい、飛距離が変わってしまいます。

フラットなスイング軌道を取ることによって、砂に入る角度が、毎回一定になり、
砂を取る量も安定してきて、距離感が安定性が出てきます。

フラットなスイングをするためには、バックスイングで、手首を使い過ぎないことです。
手首を使うタイミングは、手首が右ひざを通過してからが良いでしょう。

手首を早く使ってしまうと、スイング軌道が身体から離れてしまい、
カット打になりやすくなってしまいます。

スイング軌道は、スタンスと平行になるようにして、
スイングプレーンから外れないようにします。

スタンスはオープンにしていただき、
フェイス面も30度くらいオープンにして下さい。

体重配分は、50:50がオススメです。左側にスウェーしないように、
背骨を中心に回転するような感じで、スイングして下さい。