カット軌道を修正する方法


今回は、カット軌道を修正する方法について、紹介したいと思います。

練習場での練習風景を拝見していると、多くの肩がスライスに悩んでいるようです。
スライスの原因は、カット軌道にあります。

カット軌道であることに気づかずに、一生懸命に練習している方もいます。
カット軌道を直すための練習方法として、ヘッドカバー打ちをおススメします。

ヘッドカバーを使って、練習してみると、自分のスイング軌道を正確に把握することができます。

カット軌道になってしまう原因は、飛ばしたいと言う願望です。願望が強すぎると、
バックスイングの時に、右手を高く上げすぎてしまい、ダウンスイングで上からボールを叩きつけるようになってしまいます。

そうすると、スイング軌道がアウトサイドインになってしまい、スライスになってしまいます。
アウトサイドインの軌道をチェックするためには、ヘッドカバーを膝の高さに垂らしてもらいます。

そのヘッドカバーを打ってみて下さい。カット軌道の方は、なかなかうまく打つことができません。
強く打とうとしないで、ヘッドカバーの先に当てることだけに集中してみて下さい。
そうすると、自然にスイング軌道が修正されてきます。

アドレスでは、両肘の高さを揃えておくと、カバーに当たりやすくなります。
慣れてきたら、インパクトでヘッドが膝の高さに来るように、スイングしてみて下さい。