カップインしやすいパッティング


今回は、カップインしやすいパッティングについて、
紹介したいと思います。

ラインをまたいで打つと、スイング軌道がまっすぐになりやすいのです。
なぜかというと、軌道が振り子運動になりやすいからです。

パターのライ角を90度にすると、
さらにパーフェクトな振り子の動きをするようになります。

残念なことに、ラインもまたぐことも
ライ角90度のパターを使うことも、ルールで禁止されています。

しかし通常のアドレスとパターで、
振り子運動を再現するヒントが隠されているはずです。

ラインに平行して立つ通常のアドレスだと、
ストレートラインをイメージしにくくなります。
一方、ラインをまたいで打つと、方向性や距離感を制御しやすくなります。

藤田寛之プロは、ルーティンの中に、
ラインをまたいで素振りをすることを取り入れて、
距離感や方向性をイメージしています。

では、通常のアドレスで同じような効果を出すためには、
どうすればいいかというと、支点を一定にすることです。

支点を一定にするためには、アドレスする前に、ソールを地面につけることです。
次に、ヘッド、シャフト、両肘までのラインを一直線にすることです。

これらの動きを取り入れることによって、支点が一定になり、
胸でストロークする意識ができて、
振り子運動でまっすぐなストロークで打つことができるようになります。