カップ際の見分け方


今回は、カップ際の見分け方について、紹介したいと思います。

ライン読みには自信がある、距離感もつかんだ、カップに入ったと思ったら、
カップ際で、ボールの軌道が変わってしまった。

自信があったパッティングでも、蹴られてしまうのは、
カップ際の土の変化が考えられます。

芝の変化には、いくつか要因があります。
カップの内側部分の土の柔らかさは、ボールの蹴られ具合を
大きく左右します。

よく整備されているカップは、ピンの抜き差しによって、
ピンが当たっても、傷みにくく、ボールが当たる衝撃に対する
耐久性が高いです。

カップの周りの土が傷んでしまい、角がすり減っている時は、
ナイスパットにも関わらず、蹴られてしまったり、カップの縁を
回ってしまうことが多いです。

カップの周りの土の崩れ具合の見分け方ですが、
カップの内側の土の厚さ、芝の根の密集具合、
カップの周りの芝の状態を確認します。

スタートホールでカップからボールを拾う時に、
以上の3つを確認して下さい。

もしカップの内側の土が厚くて、芝の密集具合は少なく、
芝が薄くなっている場合は、カップ際でボールが変化しやすくなります。

のような時は、強く打ってしまうと、弾かれてしまう可能性があるので、
カップの手前からそっとボールを落としていくと良いです。