キャディから見たグリーンのチェック方法


今回は、キャディから見たグリーンのチェック方法について、紹介したいと思います。

ラインを読む時の姿勢は、基本しゃがんで見ます。立ってアドレスすると、
しゃがんで見て時とは、違って見えることがよくあります。
見る角度が変わってきますから、見え方が違うのは当然です。

見え方の違いに惑わされないために、フェアウェイからグリーンに向かうまでの間に、
グリーンをよく観察します。グリーンの全体像を把握しておくと、惑わされなくてすみます。

次にライン読みで重要になってくるのが、ボールのスピードが落ちるポイントとカップ際の傾斜です。
この2つをチェックしておくと、カップに蹴られる確率がぐーんと減ります。

上級者は、カップに入れることと同時に外した場合を計算しています。
カップに入らなかったとしても、次のパットを少しでも簡単にするために、ラインをあつめに読みます。

あつめに読んでおくと、仮に外したとしても、次のパットを簡単にすることができます。
ラインが決まったら、あとは距離感になります。

タッチの強さでラインはどうにでも変化するので、強めに打って、ライン幅を少なくするか、
弱めに打って、ライン幅を大きくするかは個人の好みですので、いろいろ試してください。