クラブの芯でボールを捉える方法


今回は、クラブの芯でボールを捉える方法について、

紹介したいと思います。

 

ボールが最も飛ぶ位置は、フェイス面のトウ寄りの

少し上だと言われています。

 

しかしトウ寄りでボールを捉えることは

なかなか難しいものです。

 

ボールを飛ばそうとして、力が入ってしまうと、

右腕に力が入りやすくなってしまいます。

 

右腕に力が入ると、上半身の前傾角度が

崩れてしまい、身体が起き上がってしまいます。

 

すると、フェイス面が開いてしまい、

ボールがフェイス面のヒール寄りに当たってしまいます。

 

そうならないためには、左手の小指、薬指、

中指をいつもよりもしっかりと握ってください。

 

左手を意識することによって、左腕でスイングを

リードすることができて、フォロースルーまで

しっかりと振り抜くことができるようになります。

 

トウ寄りにボールが当たると、当たった瞬間に

クラブの特性によって、ボールにはドロー回転がかかります。

 

ドロー回転によって、ボールはさらに飛ぶようになってきます。

 

インパクトは、スイング軌道の最下点よりも少しクラブが上がり始めた

地点で迎えるようにします。

 

つまり若干アッパーブローで捉えるようにします。

アッパーブローで捉えることによって、

スピン量が適正になってきて、ボールの吹き上がりを

防ぐことができます。