クラブの重みを指で感じることの重要性


今回は、クラブの重みを指で感じることの重要性について、紹介したいと思います。
80%スイングをマスターするためには、クラブの重量感を指で感じることができるかにかかっています。

ゴルフでは、筋力を使ってスイングするのではなく、クラブの力を使うことが重要です。
クラブの力を使うためには、左手の人差し指、中指、薬指でクラブを支える感じが大切です。

グリッププレッシャーを弱くして握りましょう。右手は、バックスイングを始めると、自然と力が入りやすいので、
左手に注意を向けてください。アドレスからフォロースルーまでの間、
指の裏側が触れているグリップの下側をバックラインと言います。

バックラインは、スイング中、常に下側を向いています。この部分でクラブの重量感を感じるようにして下さい。
例外的にトップでは、バックラインは上を向きます。しかしヘッドがしなる影響で、
バックラインはクラブの重量感を感じているはずです。

スイングでは、トップから腰までの間では、自分で下ろしてくる感じですが、
そこから先は、惰性もしくは振り子感覚でスイングしていきます。

指でクラブの重みを感じにくい方は、手首でクラブを軽く上げて、ワッグルをしてみて下さい。
手首ワッグルでリラックスしやすくなります。