クラブを変えてバンカーショットを攻略する方法


今回は、クラブを変えてバンカーショットを攻略する方法を
紹介したいと思います。

バンカーショット=サンドウェッジと決めつけていませんか。
そんなことはありません。

常にバンカーショットをサンドウェッジで対処しようとすると、
フルショット、ハーフショットというふうにスイングを変えたり、
インパクトの力加減を変えたりと、複雑な調整が必要になってきます。

複雑な調整は、身体に力が入りやすくなり、トップやダフリの原因にもなります。

このような複雑な調整をせずとも、クラブを変えれば、
スイングの調整は必要最低限ですみます。

スイングを変えずとも、シャフトの長さとロフト角で、
かんたんに球筋を調整することができます。

どの距離でどのクラブを使うかですが、10ヤードならサンドウェッジが良いでしょう。
20ヤードならアプローチウェッジ、30ヤードならピッチングウェッジが良いでしょう。

バンカーショットで大切なのは、バンスを使うことですが、バンスはサンドウェッジの
専売特許ではありません。ほかのクラブでも、フェースをオープンにすることによって、
バンスを使うことができます。

バンスを使いこなすことができれば、エクスプロージョンショットが簡単
打てるようになります。

クラブを変えて距離感を出すには、スイングに一定性が必要になってきます。
まずはアドレスです。

少しオープンスタンスでアドレスします。ボールの位置ですが、
私は、心臓の前にセットすることをおススメします。

一般的にはかかとの前にセットしますが、スタンスの角度によって
微妙に狂いが出てしまいます。
その点、胴体の心臓であれば、ずれることがありません。

グリップは長めに持ちます。短めに持つ場合もありますが、
短めに持つと、砂ごと打ち込んでいくバンカーショットでは、
上体が前のめりになってしまうことがあるので、長めに持つことをおススメします。

スタンスの向きは、10ヤード以上であれば、全て同じです。
フェースの角度も、10ヤード以上であれば、全て同じです。

しかし10ヤード未満の場合は、距離を落としたいので、
スタンスとフェースの角度は、大きくして調整します。

スイングは、スリークォーターショットが良いでしょう。
トップとフォローの高さが同じくらいになるようにして、
フォローでは、シャフトを空に向けるようにして下さい。

手先を使わず、身体の回転で打っていきます。
ヘッドはボールから2センチくらい離して、
ヘッドを砂に入れる位置を見ます。

ボールを見てしまうと、クリーンに当たるかトップしやすいので、注意して下さい。