クラブシャフトの選び方


今回は、クラブシャフトの選び方について、紹介したいと思います。

シャフトを選ぶ際の基準となるのが、方向性と飛距離だと思います。
方向性と飛距離が最も安定するシャフトのバランスには、個人差があります。

シャフトを3分割すると、ヘッドに近い先端、中間、グリップ付近の手元に
分かれます。この3か所の硬さのバランスによって、飛距離と方向性に違いが出てきます。

3か所で最も重要なのが、中間の硬さです。中間が硬いか柔らかいかで、
飛距離と方向性に差が出てきます。

中間が硬くなると、シャフトのしなり具合は小さくなります。小さい分、
ダウンスイングで、しなりが戻るスピードが速くなり、ヘッドスピードが速くなります。
ボールを強い力で打つことができます。

一方、中間が柔らかくなると、シャフトのしなり具合が大きくなります。
シャフトのしなりが大きいと、シャフトが戻ってくる間に、
スイング軌道や体軸のずれを修正しやすいので、方向性が安定しやすくなります。

これに先端や根元の硬さを調節すると、各ゴルファーにあったシャフトが出来上がります。
先端が柔らかいタイプは、スライサーの方に適しています。硬いタイプは、フッカーの方に適しています。

手元が柔らかいタイプは、ボディターン中心のスイングをする方に適しています。
手元が硬いタイプは、手首を使う方に適しています。