クラブヘッドを効率的に走らせる方法


今回は、クラブヘッドを効率的に走らせる方法について、紹介したいと思います。

アマチュアゴルファーの方々のドライバーの飛距離が伸びない原因として考えられるのが、振り遅れです。
ヘッドが遅れて降りてきてしまうと、飛距離が伸びなかったり、スライスの原因になります。

ヘッドを効率的に走らせるためには、バックスイングしながら、身体を沈ませていきます。
ダウンスイングからインパクトにかけて、身体を伸ばしていき、その力を利用して、ヘッドを走らせていきます。

この動きをマスターするための練習ドリルがいくつかあります。
1つ目は、10ヤードの距離のラフから高いボールを打つ練習です。

先ほどの動きをマスターしていれば、ボールが高く上がります。
インパクトの瞬間に左手を太ももの前で止めるようにして下さい。

2つ目は、60ヤードの通常のライから、高いボールを打つ練習です。
10ヤード打つ時と同じように、インパクトで左手を止める感じです。

左手を止める感じを持つことによって、ヘッドが走るようになります。
グリップは強く握らないようにして下さい。強く握ってしまうと、
インパクトで左手を止めても、ヘッドが走りません。

両手の人差し指で軽く握って、残りの指は添えておく程度で大丈夫です。
バンカーで行う練習法もあります。ボールを目玉の状態にして下さい。ダウンブローで打ち込んで下さい。