クロスハンドスイングによるスライス矯正法


今回は、クロスハンドスイングによるスライス矯正法について、紹介したいと思います。

クロスハンドスイングは、ダウンスイングで右肩が前に出てしまったり、
バックスイング時の肩の回転が不十分であったり、トップポジションで、
右腕が空いてしまうといった身体の右側の問題点を解決するのに有効な方法です。

クロスハンドスイングをしてみるとお分かりかと思いますが、
右肩の突っ込みを防止することができますし、捻転が十分にできるようになってきます。

クロスハンドスイングによって、身体の捻転を使ったスイングを体感することができます。

ラスト3ホールくらいから起こりがちな不十分な捻転によって
起こる手打ちが原因のスライスを防止することができます。

クロスハンドスイングによって、肩の向きがストレートになりやすくなります。
クロスハンドで手打ちをしようとしても、スイングすることができないからです。

クロスハンドスイングの練習方法としては、腰までの高さの振り幅で、素振りをしてみてください。
身体の捻転とスイング軌道が一致してくれば、フェイス面の向きを体感しやすくなります。

腰までの高さの素振りに慣れてきたら、クロスハンドでバックスイングしていただいたら、
ダウンスイングの途中で、通常のグリップに握り直して下さい。インパクトからフォロースルーにかけては、
クロスハンドグリップの時と同じスイング軌道で、振り切ってみてください。

ボールを打てれば最高ですが、ボールを打つことができなくても、
ティにかするように素振りをするだけでも効果的です。