クロスバンカーからフェアウェイウッドを成功させるポイント


今回は、 クロスバンカーからフェアウェイウッドを成功させるポイントについて、紹介したいと思います。

最初にバンカーの中で、構えていただきます。
練習場でもできるドリルになります。

バンカーの中で、

少し左のひざを曲げていきます。
こうすることによって、身体の軸が少し左側に傾いた状態になります。

少し左のひざを

身体の軸を傾けた状態で、バックスイングをしていきます。
そのままダウンに持っていきます。

バックスイングを

このようにすることで、クラブを上から入れることができます。
ボールは、少し右足寄りにセットします。

クラブをインサイドから振り下ろすイメージではなくて、
少し外から振り下ろすイメージでスイングして下さい。

そうすることによって、フェアウェイウッドのソール部分が、
砂にめり込まずに、滑った状態を作ることができます。

一番NGな動作は、右足に体重が残りインサイドから振り、
ボールの手前で、刃が砂にぶつかってしまい、ざっくりする動きです。

この逆の動きをするために、左のひざを少し曲げて構えて、
ここからバックスイングして、アウトサイドから振り下ろして下さい。

▼動画レッスンはこちら▼