グリップでミスショットを抑える方法


今回は、グリップでミスショットを抑える方法について、説明させていただきます。

スライスが出た時の対処法ですが、スライスの原因は、グリップを強く握りすぎてしまうことにあります。
グリップを強く握ってしまうと、ダウンスイングで手が振り遅れてしまい、
身体が突っ込んでしまい、フェイス面が開いて下りてきてしまいます。

スライスを防ぐためには、手首をリラックスして、ヘッドを走らせるようにします。
最初に手首をリラックスさせるようにします。

クラブを握るというよりは、クラブを手にくっつける感じを持ちます。
くっつける意識を持つと、握る強さが半分くらいになります。

最初に左手の小指、薬指、中指の3本で握ります。
小指を中心に握ると、中指、薬指の握りがさらにゆるくなります。

クラブがすっぽ抜ける感じがあるかもしれませんが、
クラブがくっついている感じがあれば、大丈夫です。

右手を握るというよりは、右手を左手にくっつける感じを持ちます。

天ぷらが出た場合は、スライスと同じようにグリップを緩く握ります。
小指を身体側に引くようにアドレスします。

そうすると、インサイドにダウンスイングしていきます。
インサイドにダウンスイングしてくれば、上からクラブを下ろすことはなります。