グリッププレッシャーを見つける方法2


今回は、グリッププレッシャーを見つける方法について、紹介したいと思います。

グリッププレッシャーは、スイングに大きな影響を与えます。
少しでも強く握ってしまうと、ミスショットの可能性が高くなってしまいます。

グリッププレッシャーは緩くすることが大切ですが、
緩くする感覚は人それぞれで、なかなか難しいものです。

多くのミスは、アドレスに原因があると言われています。
アドレスの問題は、グリップを強く握りすぎているところから始まっています。

手に力が入りすぎてしまうと、肩に力が入りすぎてしまい、
スイングをスムーズにする動きを邪魔してしまいます。

グリップは、身体とクラブが唯一触れる部分ですから、
重視する必要があります。握る強さですが、小鳥を包むように握れと言いますが、少し漠然としています。

まずは、ジャンケンのグーの強さでは強く握りすぎになってしまいます。
まったく力を入れないのでは、クラブがすっぽ抜けてしまいます。

ちょうど良い強さは、手をパーにしていただいて、指を動かしていきます。
この時の動きがグリップを握る強さになります。
握るときは、小指と薬指で握る感じです。残りの指は、添えるだけで大丈夫です。

5本全部で握らないことが重要です。