グリップ確認法


今回は、グリップ確認法について、紹介したいと思います。

グリップを作っていく際に重要になってくるのは、両手がどれだけ密着しているかです。
両手でグリップを握った時に、隙間ができないように握ることが重要です。

ポイントとなるのは、右手の親指の腹の部分になります。
左手の親指で包むようにして、グリップするのが重要になってきます。

グリッププレッシャーは、強すぎず弱すぎず握ることが大切です。
手が小さい方のグリップ方法は、左手は、手指を中心にグリップしていきます。

左腰のそばで、カバンを持つかのようにグリップすると、自然に指で握ることができます。
指で握ったら、左手を身体の中心に持っていきます。

右手のグリップですが、生命線に合わせて、手の平で握っていきます。
右手の人差し指は、銃の引き金を握るように添えると、クラブの重みを感じることができます。

両手の握った時の形は、左手はウィークグリップになって、右手は下から添えるようにグリップします。
手が大きい方のグリップ方法は、左手の指を中心にグリップしていきます。

右手も指を中心にグリップしていきます。左手は、フックグリップになります。
手の大きい方が、手の平でグリップしていしまうと、グリップがずれやすくなってしまうので、注意して下さい。