グリーンの見極め方


今回は、グリーンの見極め方について、紹介したいと思います。

大した傾斜がなく、比較的平らなグリーンの場合、多くの方が、
ボールの転がるスピードは、一定だと思っているようです。

しかしそんなことは、ありません。
どんな平らなグリーンでも、傾斜が少なくても、様々な要因で、
グリーンのスピードは、微妙に変化していきます。

グリーンのスピードの違いを見極めるヒントは、いくつかあります。
1つ目は、スプリンクラーがどこにあるかです。

スプリンクラーの近くであればあるほど、多くの水を吸収していることが多く、
グリーンは、重くなってきます。

スプリンクラー近くにボールが乗った場合は、想像以上に重くなっている
可能性があるので、強めのパッティングが必要になってきます。

2つ目は、バンカーの近くです。バンカーの近くは、バンカーショットで
飛び散った砂が、グリーンにわずかづつ堆積して、グリーンが重くなっています。

3つ目は、花道に近いところや次のホールに向かうための、
出口に近いところです。

多くのゴルファーに踏まれることが多いので、
グリーンが硬くなり、薄くなります。当然、ボールの転がりは早くなります。

4つ目は、あまり使われない端は遅く、使われる頻度が高い真ん中は、
速くなるということです。

グリーンのどこにボールがあるかを見極めて、ボールの強さを
調整しましょう。