グリーン周りからのショートゲーム


今回は、グリーン周りからのショートゲームについて、

紹介したいと思います。

 

ショートゲームと言えば、グリップは短めにという

イメージがありませんか。

 

必要以上に短く握ろうとすると、

かえって無駄な力が入ってしまい、

ミスショットが出やすくなってしまいます。

 

通常のグリップより2センチくらい短めに

握る程度で十分です。

 

グリーン周りのショートゲームは、できるだけ

簡単な打ち方をおススメします。

 

アドレスでのボールの位置は、スタンスの真ん中に

セットします。

手首は身体の正面にセットしていただいて、

振り子を連想しながら、スイングしてみて下さい。

 

振り子の感覚でスイングすると、ヘッドの位置が

若干ずれたとしても、ソールが地面を滑ることによって、

インパクトすることができます。

 

線でボールを捉えることができます。

バックスイングでは、クラブをアウトサイドに上げる

イメージで上げてみて下さい。

アウトサイドで上げるイメージでバックスイングすると、

クラブをまっすぐに上げることができます。

 

バックスイングでは、左手1本で上げるイメージです。

右手で上げてしまうと、ダフリの原因になってしまいます。

 

左手1本で上げて、右手は添えるだけで良いです。

上げて下ろすだけで大丈夫です。