コースでスコアを出すための練習


今回は、コースでスコアを出すための練習について、紹介したいと思います。

練習場では、打席に敷いてあるマットの向きの方向にボールを打っていたと思います。
コースでスコアを出すために、マットの向きとは別の方向にボールを打ってみましょう。

マットは少し向きを変えるだけで、アドレスが狂ってしまい、ミスショットが出やすくなったと思います。
コースに出ると、林があったり、傾斜があったり、バンカーや池があったりして、
景観に錯覚を起こしやすくなり、さらにスイングが乱れやすくなると思います。

正確なショットのためには、正確なアドレスが必要になってきます。
右サイドにある120ヤードの看板をターゲットとします。ボールと看板を線で結びます。

ボールから30センチくらい離れた線上に何か目印のようなものを見つけて下さい。
目印のことをスパットと言います。スパットにフェイス面を合わせます。

スパットにフェイス面を合わせても、身体の向きがずれている場合は、
ボールの後方にもスパットを置くと、アドレスの向きが合いやすくなります。

腰のライン、つま先のラインが飛球線と平行になるようにセットして下さい。
多くのゴルファーは、ラインが右に向きやすいので、注意して下さい。